秋のダニはアレルギーの原因に

秋になると急に咳込みが酷くなる人がいます。
その大きな原因とっているのがダニです。
つまり、ダニアレルギーですね。

なぜ秋にダニアレルギーの症状が出やすくなるのでしょうか?

夏に多い、カビによる症状 夏型過敏性肺炎

高温多湿を繰り返す夏、悩みの種となるのがカビです。
実は梅雨から夏にかけて、カビによるアレルギー反応が出る人が多くなります。

この症状を、夏型過敏性肺炎と言います。

夏型過敏性肺炎は、カビをたくさん吸いこむことで肺の中でアレルギー反応が生じ、肺炎になる可能性があります。
症状は、咳や痰・発熱など、風邪に似た症状です。

お風呂場の天井のカビは目立たないほど少なくても危険!

お風呂場のカビについて、その掃除のポイントを前回紹介しました。
お風呂のドアパッキンのカビを退治する方法

ドアパッキンと天上の掃除を紹介したのですが、今回はお風呂場の天井のカビの話です。
お風呂場の天井は、壁や床、ドアと比べてカビは生えにくいですよね?
よく見たら生えているかどうか?という感じだと思います。
なので、あまり掃除をしていない方も多いのではないでしょうか?

しかし、天井のカビはその他の所と同じレベルで考えていてはいけません。
ここがカビをばらまく元になっているのです!

上から降ってくる、ということもあるのですが、もう1つ、
カビの胞子が発生しやすい状態になっているんです。

あなたは知らずに食べているかも?粉ものに潜むダニの怖さ

ダニ アナフィラキシー

右の写真は、ダニによるアナフィラキシーショックの症状です。
写真では腕だけですが、これが全身に出ています。

アナフィラキシーは、アレルゲンとなる物質を摂取することで、しゃべることも出来ないほどの呼吸困難や、心臓が止まる危険性がある急性アレルギー症状です。

元気な人でも急になることがあるので大変ですね。
上の症状の方はなぜそうなったのか?それはお好み焼きを食べた後に起こったんです。

お風呂のドアパッキンのカビを退治する方法

梅雨前にやっておきたいのがカビ退治。
特に、しつこくて大変なのはお風呂場ですよね。

ドアのパッキンの部分はなかなか取れなくて、諦めている人もいるでしょう。
ドアの部分は結露して、それが落ちてきてパッキンのところ水がたまります。
当然カビやすい部分ですね。

重層やカビ取り用の塩素系漂白剤をしてもあまり変わりません^^;
やりすぎるとパッキンが傷んでしまいます。

でも方法はあるんです。

5月16日の「あさイチ!」で、ドアのパッキンのカビを簡単にとる方法が紹介されていました。

フレスコで布団のダニ駆除 の新着記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ